デジタルサイネージの目的

マーケティングやブランディングの向上

  • 店頭にディスプレイを設置することにより、紙媒体と違ってメーカーやサービス提供者からの、インタラクティブでオンデマンドな宣伝提供が可能になり市場調査やターゲットニーズに合わせ内容に変化を付ける等の目的からサイネージを使用する場合もあります。
  • 日々、サイネージの技術やアイディアも新しいものが生まれ工夫次第で、顧客に[驚きを伴う新しい体験]を提供し感動や感嘆を与え、シェアの増大を狙う事が出来ます。

商品の効果的な宣伝

  • まず商品やサービスの説明・宣伝などを、テレビCMのような簡便なものではなく詳細で分かりやすく提供することができ、加えて実画像や疑似空間的な表現を組み合わせて顧客にインパクトを与え、情報の提供や商品宣伝を効率よく展開致します。
  • 使用方法の難しい商品、新しい種類の商品など、顧客がその場で理解しにくい商品を、スムーズにアピールしたい時にも効果的です。
  • また、商品説明の時間を短縮し顧客の購買意欲の喚起に一役買う事で、時間と人手を有効に使った販売・サービス提供に繋がっていきます。

市場での差別化

  • 同じような商品でも説明方法や映像の演出効果で、ディスプレイで見ている側の受けるイメージは大きく変わります。
  • どんな内容で、どの時間帯で、どの場所で、どのように見せるか…
    サイネージ特有の多岐に渡る選択により、各宣伝対象への効果が最終的には大きな差になって表れるのです。
  • また仮想空間の中に顧客を導き、あたかも自分がその商品やサービスを使用しているような体験をさせる事で、多角的な商品の説明や、新たな使用方の提案など効果的に行うことが出来ます。
  • 企業・店舗・会社・商品・サービスなど、宣伝するそのもの自体を表現するだけでなく、顧客の視点で商品やサービスを説明したり、顧客の願望を表現することで一歩踏み込んだオリジナルな表現がサイネージでは可能なのです。